小島宏和氏が代表取締役を務める東京住建とはどのような会社か

住宅というのは人が帰る場所となっています。そのため、どのような場所よりも安全かつ安心できる空間にしなければいけません。しかし、住宅を購入するのは人生に一度だと言われています。そのため、住宅購入のノウハウが積み上がっている人は数少ないです。良い家を手に入れるには、良い不動産会社を選びましょう。

■至上命題について
すべてはユーザーのためにという心がけを持って東京住建は運営をしています。これは小島宏和氏の発想です。東久留米という一地方の工務店から出発をし、数々の住宅を建築してきた実績を積み重ね、第二創業期へと突入をした今だからこそ、新しいターンへと突入している東京住建。家を作ることで多くの幸せを作ることこそが至上命題であると考えています。

では、幸せを作るような家を建築するためには何をすれば良いのでしょうか。それは商品やサービスにおいてユーザーの感性・心を的確に捉えるようなものを提供するということです。こうすることによってユーザーの家族全員に共感や信頼を得ることが出来ます。このような評価を積み上げることによって好感度企業として認知され、企業自体にも活力を生み出すのです。企業としての成長発展の鍵はここにあると小島宏和氏はにらんでいます。

■こだわりについて
東京住建の保証はこだわりがあります。ひとつは地盤保証です。専門会社によって地盤調査、そして解析を行なってもらい、その結果に応じて適切な基礎工事、場合によっては地盤改良工事も行います。そのため、建物が万が一地盤の不同沈下を原因とした損害などが起こったときには保証がされるのです。地盤に対しての調査や解析、対策に保証といった重要なポイントがシステム化されていることによって安心安全の家づくりが成り立っているのです。

また、瑕疵保証保険も見逃せません。こちらは「住宅の品質保証の促進等に関する法律」という国が定めたもので、新築から10年間の保証が定められています。そのため、厳格な対応が求められているのです。国土交通大臣指定評価機関によって厳しいチェックを受けた建物は最大10年間の保証にも耐える品質となっています。

■品質や安心を提供する企業
東京住建の小島宏和氏は住宅づくりによって多くの幸せを作るということを至上命題として考えています。これを実現させるためには、人それぞれ違う感性に合わせてクオリティの高い商品やサービスを提供し続けなければいけません。高い評価を得ることによって企業に活力が生まれます。これを続けることによって東京住建は地方の工務店からキャリアを高めていったのです。

では、保証へのこだわりにも注目してみましょう。東京住建の保証は地盤保証と瑕疵保証保険があります。どちらも10年という長期間の保証となっており、長年住み続けることになる住宅という分野においては非常に安心感が高いのです。また、それぞれ専門性の高い会社や機関から厳しい検査を受けているため、品質については折り紙付きです。そのため安心して暮らすことが出来ます。