一戸建てか、分譲住宅か。

現在、一戸建て住宅の存在が見直されつつあります。それは財産になるからです。一戸建て住宅は土地も付いてくるため、将来的に老後資金を銀行から借りる際有利に働きます。老後の貯蓄が少ないと破産するというデータが金融庁から出た現在では、このような観点からも一戸建て住宅はおすすめだとされているのです。

■一戸建ての注文住宅について
小島宏和氏率いる東京住建は、注文住宅の施工実績が優れているという評判を持っています。ライフスタイルに合わせて家づくりを行なってくれるので、住宅メーカーの主導にならない、本当に住みやすい家づくりが実現するのです。住宅の設計や施工はもちろんのこと、インテリアコーディネートのプロデュースやコスト面での相談にも乗ってくれます。そのため、頼りになると言われているのです。

家づくりに関して東京住建が重視しているものはヒアリングです。特にファーストヒアリングは家づくりに対する夢を語るには最適のため、ユーザーの望みを全て引き出します。もちろん、様々な問題で全てを実現出来るとは限りません。しかし、ユーザーが思い描く夢の住まいを実現するために努力を惜しまない住宅メーカーなのです。
注文住宅に関わるすべての手続きにおいてオールインワンの進行を進めるのが東京住建です。こちらはヒアリングを重視しているため顧客の望みを叶える家を提供します。コストやインテリアに関する相談にも対応しているので、あちこちお店を回る必要がありません。

■分譲住宅のジオステージ
さらに、分譲住宅にも注目してみましょう。ジオ・ステージはセミオーダーシステムのため、自分の思ったような住宅設備の配置をすることが可能です。こうすることで暮らしやすさの充実を図ることが出来ます。さらに、住宅性能においても注文住宅で培ったノウハウを生かして建築が進められるため、通気性や断熱性、コストパフォーマンスの高い住宅が実現します。

■通気性や断熱性へのこだわり
通気性は基礎パッキン工法と外通気構造を採用しているので家の強度を下げませんし、断熱材にはグラスウールを50mmも使用しているので冬は暖かく夏は涼しい、外気温に影響を受けない住宅を実現しています。このような住宅性能の高さこそが魅力だという声もあるのです。

株式会社 東京住建|いえらぶ不動産会社検索・口コミ・評判