小島宏和率いる東京住建の強みについて

家づくりは一生に一度の買い物です。そのため、どのようなときにどんな気を付け方をしたら良いのか分からないという人も多いです。そのため、不動産会社にはユーザーに寄り添った対応と、品質についての高いこだわりが求められます。では、一体どのような企業をパートナーにするべきなのでしょうか。

■企業としての強み
東京住建の代表取締役社長である小島宏和氏は自身の会社について、「お客様の感性や心を捉える優れた商品・サービスを提供し、お客様との一家一家の共感と信頼を得られてこそ、好感度企業として評価され、その評価こそが私たち組織に活力を生み、企業の成長発展が約束されると信じております。」という言葉をホームページ上に残しています。このことは企業としての大きな強みがあるということがわかります。

東京住建は創業から20年以上のキャリアを持つ企業です。つまり、その間ユーザーに支持されてきたということは、その商品やサービスが支持されるほど優れているということです。このことは「商品は我が社の命」という言葉からも現れており、ユーザーに対して高い満足度を与え、自分たちの作り出す住宅で町づくりに貢献するという考え方を小島宏和宏和氏は持っています。

■アフターサービスについて
住宅というのはどうしても経年劣化が避けられません。そして、それは住宅の立地条件や家族構成、ライフスタイルによっても様々な違いが現れます。そのため、一概にどのようなメンテナンスが必要なのかと一口で語り切れないという実情があるのです。そのため、もしも一戸建て住宅を建てるのならばアフターサービスが充実している会社を選びましょう。

東京住建は定期的な点検を入居後に行います。それも、1度ではなく1年、5年、10年の3回行います。住宅の節目となるタイミングで定期点検を行うので、住まいに起こるさまざまなトラブルを未然に防ぐことが出来ます。トラブルというのは長期的に放置しておくと、どんどん不具合が進行していきます。そのようなことを防ぐ意味でも定期点検は非常に大きな意味を持っているのです。

■商品力とサービス力の高さで差をつける
小島宏和氏は東京住建の代表取締役社長です。小島宏和氏は自身の会社の大きなストロングポイントとして商品やサービスの質が高いということを挙げています。このような質の高い商品やサービスを提供することによってユーザーから満足感を得てもらい、そのことによって企業が活気付く、その活気付いた商品によって街が活性化する。このようなサイクルを作り出しているため東京住建は評価されているのです。

また、アフターサービスとして定期的な点検を行なっていることでも東京住建は知られています。建築後に1年、5年、10年の3回定期点検を行うことによってスピーディーなトラブル対応をすることが可能です。さらに、このようなことは家の寿命を延ばすだけでなくトラブルの長期化を防ぐことにも繋がります。つまり、暮らしやすく住みやすい住まいの実現には定期点検は欠かせません。

株式会社東京住建のオープンイノベーション情報|eiicon