小島宏和氏が代表取締役を務める東京住建の強み

家を建てる・家を買うことは一生に一度の買い物と言われるほど費用がかかるものです。
そんな大それた買い物で失敗はできませんが、注文住宅にしても分譲住宅にしてもどうすれば良いか分からないという人も多いと思います。
そういった新規のユーザーを獲得するためにも住宅メーカーはユーザーに寄り添った対応、品質についての高さが求められます。
では、どのような企業をパートナーにすれば良いのでしょうか。

■東京住建の企業としての強み


東京住建の代表取締役社長である小島宏和氏は自身の会社について、「お客様の感性や心を捉える優れた商品・サービスを提供し、お客様との一家一家の共感と信頼を得られてこそ、好感度企業として評価され、その評価こそが私たち組織に活力を生み、企業の成長発展が約束されると信じております。」という言葉をホームページ上で語っています。
これは企業としての大きな強みであるち言えるのではないでしょうか。

東京住建は創業から20年以上のキャリアを持つ企業です。
つまり、その間ユーザーに支持されてきたということは、その商品やサービスが優れていると言えます。
これは社長である小島宏和氏の「商品は我が社の命」という言葉からも表れており、ユーザーに対して高い満足度を与え、自分たちの作り出す住宅で町づくりに貢献するという考え方を体現していると思います。

■東京住建はアフターサービスも魅力

住宅というのはどうしても経年劣化が避けられないものです。
それは住宅の立地条件や家族構成、ライフスタイルによっても様々な違いが表れます。
どのようなメンテナンスが必要なのかということが一概には言えないほど、メンテナンスも様々です。
もしも一戸建て住宅を建てるなら、アフターサービスが充実している会社を選ぶのがおすすめです。

東京住建は住宅完成後に定期的な点検を1年、5年、10年と3回も行ってくれます。
住宅の節目となるタイミングで定期点検を行うので、住まいに起こる様々なトラブルを未然に防ぐことも可能です。
自分たちでは気付かない部分でトラブルが進行していたとしても、最悪の事態になる前には防げるかもしれません。
住宅に限らずですが、定期点検は非常に大切なものと言えます。

■東京住建は商品力とサービス力の高さで差をつける

東京住建の社長でもある小島宏和氏は、会社の大きなストロングポイントとして商品やサービスの質が高いということを挙げています。
このような質の高い商品やサービスを提供することによってユーザーから満足感を得てもらい、そのことによって企業が活気付く、その活気付いた商品によって街が活性化する。
このようなサイクルにより街づくりにも貢献しているため、東京住建は評価されているようです。

東京住建の会社情報、代表取締役、サービスについては下記サイトにも掲載されています。
念願のマイホームを手に入れる前に、しっかりと住宅メーカーについても知識を付けておくことをおすすめします。

株式会社東京住建のオープンイノベーション情報|eiicon